名前を表示する | 活用できるアイテムに団体名や社名をプリントして宣伝する

名前を表示する

作成費用は、様々で、横ばいの傾向にあります。

 ネームプレートはちょっとした大きな会社では必ずつけるでしょうし、ある意味身分証明書、社員証明書としての機能も果たしています。またスーパーや飲食店、コンビニなどでもネームプレートは必ずしています。していることで、安心感や、信頼感が生まれることもあるのではないでしょうか。  現在はネームプレートを作成するのに流行っているのは、個人的に個性を出したもので色や字体、英語か漢字かひらがなかも選ぶことができるものです。  値段的なものは、インターネットでの注文がほとどんで、店舗を構えてないところで発注するのであれば、作成費用を安く抑えることができ、またそん値段の傾向は今後も特段変化はなく、横ばい状態が続くと予想されます。  

日本のネームプレートの歴史についてご紹介します。

 本来日本にネームプレートなどいうものはありませんでした。江戸時代以前は一部の階級のものを除いては、みな苗字などなく、なになに衛門、なになに郎というようなものしかありませんでしたし、それほど公的な場に一般人が会することもなくネームプレートの作成の必要もありませんでした。  そこではじめてネームプレートが登場したのは、文明開化後、学校というものが始まってからですが、ここでもやはり特段必要はありませんでした。ネームプレートが必要となって出てきたのは、戦中です。太平洋戦争中は、その人がどこの誰かを知るために服に名前を書いた布を縫い付けるようになったのが、ネームプレート作成のはじまりです。その後、会社や学校でもネームプレートは使われるようになり、作成されました。